2018年モデル入荷いたしました

本日ご紹介するのはけっこう前に入荷したのになかなかご紹介できなかったこれ。

2018RAIL700Dです。

軽量クロスバイクとして十分に認知されたRAIL700シリーズのディスクバージョンです。

通常のRAIL700シリーズとの違いも交えつつご紹介できたら。

簡潔ながらホームページも作成

フレームはスローピング形状のアルミフレーム。

トリプルバテッド加工された軽量アルミ製です。

通常のRAIL700シリーズと異なりディスクを採用するRAIL700Dのフォークは専用。

フォークの形状もブレード形状の通常シリーズと違い断面が円形状なデザイン。

ディスク専用なのでVブレーキなどは取り付けられません。

ちなみにフォークの裏側はこんな感じで迷彩柄になっています。

マットブラックカラーの方はこんな感じ。

それぞれのカラーにちなんだ迷彩の配色になってます。

このモデルの顔とも言えるディスクブレーキキャリパーとローター。

メカニカル機械式ワイヤー引きディスク。

リムブレーキタイプより雨天時などでも制動力の変化が少ないのが特徴。

ローター径は160。

コンポーネントシマノALTUSとALIVIOを軸にしたミックスコンポ。

インジケーター部の表示が逆ですがアリビオが9速になる時代が来ようとは感慨深い

構成ギヤはフロント3段リア9段の全27段変速。

シマノALTUSのシャドータイプのリアディレイラー

従来タイプのディレイラーよりもキレのあるシフティングを実現。

ちなみにチェーンステーの内側にも迷彩柄をあしらっています。

こっちマットブラックカラー。

タイヤは32Cを採用。

通常のRAIL700シリーズは28Cです。

エアボリュームがあるので乗り心地向上と段差などのショックの緩和などに貢献。

タイヤサイドには反射塗料でラインがプリントされており夜間における視認性も向上。

通勤や通学などで日没後の安全性向上につながり地味に嬉しい心遣い。

サドルはクッション性が高いロゴ入りサドルを採用。

ワンポイントとしてここにも迷彩柄。

ダークブルーバージョン。

こっちマットブラックバージョン。

おなじみの専用スタンドも付属します。

ライトとゴールドのミニベルも変わらず付属。

通常クロスバイクを買うとスタンドとライトなどは別売のケースが多いのでありがたい仕様。

非常にコストパフォーマンスに優れています。

個人的にはチェーンステーブリッジがセンタースタンド台座も兼ねているのが素晴らしい。

これが無いとセンタースタンドの取り付けは非常に難しいしフレームにキズが入ります。

こういうところが日本のメーカーならではの心遣いというか細やかさだなと思います。

他には例によって塗装もとても綺麗です。

というわけで2018年モデルのRAIL700Dでした。

ディスクモデルですがそれでも109KgとVブレーキモデル並みの軽さを実現しています。

軽いだけでなく性能にも優れ、オプション類も豊富と非常に優れたパッケージです。

今回ご紹介したモデルは先行入荷分ですので売り切れると次回入荷は秋ごろとなります。

当店では440サイズ適正身長165〜180cmのブルーとブラックをそれぞれ1台ずつ在庫。

両方とも店頭展示しておりますのでご来店可能な方は現物をご覧になれます。

よろしくお願い致します。

--------------------------------

サイクルショップカンザキ菅原本店

電話0663283935

FAX0663233422

メールgmailcom

HPekanzakicom

ツイッターhontenkanzaki

営業時間1000〜1930

定休日毎週水曜日

--------------------------------