TBS火曜ドラマ7月18日夜10時第1話スタートカンナさーん!

TBS火曜ドラマ7月18日夜10時スタートカンナさーん!主題歌、

人気女性アーティストAIと渡辺直美が歌うガールズデュエットソングキラキラfeatカンナに決定!!

カンナさーん!とは、深谷かほる原作の漫画で、2001年から2007年まで集英社にて連載されていました。

ドラマの主演は、ビヨンセの物まねで有名なお笑いタレント、渡辺直美さん()

主題歌が決定したいきさつは、カンナさーん!のプロデューサーがAIさんに、渡辺直美さんとのデュエットソングを熱烈オファーしたことがきっかけです

アーティストAIさんの放つパワフルでポジティブなイメージが、

まさにカンナさーん!にぴったりだったようですね。

AIさんも快諾したとか

キラキラfeatカンナは、AIさんが渡辺直美さんと歌うことを想定して歌詞とメロディーを書き下ろしました。

渡辺直美さんは本格的なスタジオレコーディングは初めてだったので、さんがサウンドプロデューサーとしても丁寧にボーカルをディレクション

レコーディング時は、楽しく和やかな雰囲気で、2人とも大満足の1曲が完成したとか

曲だけを聴いていると、渡辺直美さんの歌声って女性らしいきれいな声ですね()

身体を張って笑いを取りにいっている普段のイメージとはかなり違います。

偶然にも、ドラマ主題歌のオファーがある前に、AIさんと渡辺直美さんは、

今年のゴールデンウィークにAI本人からのラブコールにより初のステージ共演を果たしていたんですね!

その時の初共演以来絶対にまた一緒にやろうねと約束し親交を深めたそうなので、

今回の企画はお2人にとってはとても嬉しいことだってでしょう()

この2人が一緒になったら、楽しすぎてめちゃくちゃポジティブパワー貰えそう!!

デュエットソングキラキラfeatカンナについてのコメント

カンナさーん!公式サイトからコメントを抜粋しました。

AIさん

ドラマ主題歌のお話をいただいたのはもちろん、直美さんと一緒に歌うっていうのが、本当にうれしくて。

すごく気合を入れて作りました!

世の中の女性も、男性も、みなさんがキラキラと輝いて

ハッピーになれるような、そんな曲になったと思います。

直美さんも、本当にステキな歌声で、びっくりしました。

カンナさんは、いろんなことがあるけど、笑顔で吹き飛ばしながら人生を強く生きていっているので、

ドラマを見た人が希望に満ち溢れる気持ちになれるような曲にしたいと思って、作り上げました。

きっと明日はいい日だからDontgiveupっていう歌詞がありますが、

この曲を聴いて、みなさんにもそんな気持ちになってもらえたらうれしいです。

渡辺直美さん

カンナさんのポジティブないいところを、AIさんがバシッと表現してくださっていて、すごく元気がでる曲です。

ポジティブに生きるとか、元気をもらいながら生きるのもいいんじゃないかなと、勇気がわいてきます。

AIさんのパワフルな歌声も、すばらしいです。

私も歌わせていただいて本当に緊張しましたが、

気合を入れて頑張りました!

ドラマでは、悲しい物語の回や、カンナさんが落ち込むシーンもあるんですが、

この曲が流れたら、明日もがんばろう!って思えますし、

みなさんにも、きっとそう思っていただける曲だと思います。

千葉行利プロデューサー

今回のドラマの一番の魅力は、渡辺直美さん演じるカンナの底知れぬパワーです。

そのパワーの根っこにあるものが、愛と勇気と優しさ!

そのすべてを表現できるアーティストを思い浮かべた時、そこにはもう、

AIさんの顔しかありませんでした。

オファーをお引き受け頂いた興奮冷めやらぬまま、直美さんとのユニットの実現!

この信じられない幸運を、そのまま皆様にお届けできる日もすぐそこです。

HOTな愛と勇気が詰まったキラキラを、是非ドラマと共に体感してください!

AIというアーティストについて

キラキラfeatカンナの曲を作り、サウンドプロデューサーまでこなしているアーティストAIさんについてです()

AIさんといえば、

2005年リリースのシングルStoryで多くのリスナーが知るところとなったのではないでしょうか。

オリコンウィークリーチャート8位を獲得しました。

よく披露宴などでも使われていますが、名曲ですね!

私も知らなかったのですが、AIさんはロサンゼルス生まれのクォーター。

LAで10代後半を過ごし、本場のゴスペル音楽に触れたことによりソウルフルな歌を歌うようになりました。

歌手になる決意をしたのも、12歳の時に初めてゴスペルクワイアを体感して感動したからということなので、衝撃的な出来事だったのですね。

でも、AIさんが秀でているのは歌だけではありません!

1996年、中学を卒業後ロサンジェルスの名門パフォーミングアーツスクールLACSAに入学し、ダンスクラスを専攻しています。

更にそこでゴスペルクワイアのメンバーとなり、唯一の東洋人ながら、実力と人柄でクワイアの人気シンガーへと登りつめたと。

ゴスペルは黒人のもの、っていうイメージがありますからね。

でもAIさんの人柄なら、ホント人気者になれそう!

更に更に、LA時代に磨いたラップの技術も高いのだとか。

その後、

メアリーJブライジのライブにゴスペルクワイアの一員として参加したり、

全米から1000人近くのダンサーを集めて行われたオーディションに勝ち残り、

ジャネットジャクソンのミュージックビデオGoDeepゴーディープに出演を果たしたり、

有名アーティストにもその才能と実力を認められて、大きな舞台を経験しています。

AIさんはソロで活動していますが、デビュー前には実は、

Kool&theGangのGeorgeBrownプロデュースによるアジア系ガールグループSX4を結成し、

アメリカデビューの準備をしていたとか。

同時期に日本のBMGJapanからもオファーを受け、日本でのソロデビューを選んで今に至っています。

色んなチャンスを掴んで経験したきた方だったのですね!

知らなかったなぁ!!

フレンドリーな性格で交友関係も広そうです。

安室奈美恵青山テルマやEXILEATSUSHI、

伊藤由奈加藤あい木梨憲武、JUJU、

ジョンレジェンド、Sowelu土屋アンナ水川あさみ、Micro、梨花和田アキ子など、調べると色んな有名人の名前が挙がってきます。

又、カラオケが大好きで

ホイットニーヒューストン、マイケルジャクソン、

椎名林檎宇多田ヒカル五輪真弓久保田利伸欧陽菲菲から演歌まで、様なジャンルの楽曲を歌ってしまうと。

AIの音楽性と影響を受けたアーティスト

10代の頃からゴスペルに親しんできたAIさんは、自分の楽曲制作にもその影響を受けています。

ただ、ちゃんとブラックミュージックを知らないリスナーにも伝わるよう、

R&B特有のメロディに、J-POPのテイストを盛り込ませています。

インタビューでは歌は生きがいと語っています。

あるアルバムタイトルには

MIC-A-HOLICAIマイク中毒なAIと付けたところからも伺えます。

みんながあがっていく音楽がコンセプト。

影響を受けたアーティストについては、

お母さんの影響で好きになったマイケルジャクソンに、自然と影響を受けていると語っています。

大ヒットしたStoryのサビの部分の歌詞は、

マイケルの曲からインスピレーションを得たとか。

ゴスペルとR&Bリズムブルースについて

では最後に、ゴスペルとR&Bの音楽的なことについて触れようと思います。

さらっと簡単になので、曖昧な表現があっても多めに見てね(;)

AIさんが影響を受けたというゴスペルは、黒人が教会で歌っている賛美歌のことです。

映画天使にラブソングをが公開されて、ゴスペルブームなるものが日本でも起こりました。

男女各パートに分かれ、力強い歌い方とコーラスの厚さがいつまでも耳に残ります。

賛美歌なので、ゴスペルの歌詞の内容は信仰の無い人にはさっぱり分かりません笑

日本人なんか特にそうかも知れませんね。

日本でもクリスマスの時には歌われますが、たとえばきよしこの夜は賛美歌の一つ。

ではR&Bリズムブルースとは??

これまた黒人が発展させてきた音楽ジャンルの一つ。

時代によって様な特徴がありますが、リズムが特徴的ですね。

1234とリズムを取る時、の部分の裏拍というものを感じないと、R&Bのグルーは生まれない、なんてよく聞きます。

日本はロック人口が多いような気がしますが、ロックは白人が自分たちでも演奏しやすいようにR&Bから発展させたもの、という説もあります。

黒人の人達の演奏する音楽って、複雑というか奥が深いというか、

とても素敵なセンスですよね。

個人的には大好きo()o